私の職場がなくなりました

私は以前、ある外資系企業に勤めておりましたが、10年くらい前に、会社の上層部が不正を働いていたことが発覚し、本社を巻き込んだ騒動になりました。

その後、当局による捜査が入り、何人もの同僚が懲戒などの処分を受け、職場自体も日本から撤退してしまいました。

一連の問題はメディアでも大々的に取り上げられ、そこで働いていた人達全員が悪者のような扱いを社会から受け、非常に辛かったことを覚えています。(T_T)

今から考えますと、異常な収益目標が設定されたり、パワーハラスメントを行うマネージャーがいたりと、おかしなことだらけの状況で、企業自体の存在が消えてなくなっても、おかしくなかったと感じています。

その後、転職活動は困難を極めましたが、前向きな姿勢を維持することで、何とか元気な生活を送ることができました。

現在は、まったく違う仕事をしていますが、当時の教訓を無駄にせず、収益目標は無理のない範囲で、同僚に対して礼儀正しく接するなど、ある意味で当たり前のビジネスを行うよう努めています。

「すべての仕事は無駄にならない」と言われますが、10年前の不祥事も、何らかの形で自分の役に立っているのではないかと、最近は感じられるまでになりました。